CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
おすすめ
MOBILE
qrcode
LINK
 
日々の農業機械・農機具整備や修理した機械を紹介していきます。 
<< CA180 コンバイン エンジンかからない | main | YM2310D  トラクター オイル漏れ >>
WM726TL 自走式二面草刈機 カバー交換
オーレック WM726TL 自走式二面草刈機 カバー交換

ドライブシャフトのカバーが破れています。
 結構カバーのロックが外れてボロボロになる場合があります。

破れたところを取り除いて針金をはずしてロックピンを抜きます。

これだけで本体より外れます。

こういうピンポンチがあると便利です。

今回はエンジン側も針金が変形しているのではずします。

ロックピンが抜けたところでウイングモアーの角度を変えてやると作業がやりやすいです。

60度の角度を変えて作業しています。

新しいカバーとの比較です。

ドライブシャフトも抜けたところでグリスアップ。

取付ですがエンジン側のロックピンを入れて針金でロックピンが抜けないようにしますが使用する針金はステンレス製を使用してください。アルミ製は弱いし通常の針金ではすぐ錆びて切れてしまいます。
エンジン側を針金でロックしたらカバーをつけます。
*エンジン側のみロックリング?でロックします。

同じように反対側も取り付けて

終了。

使用部品
カバー
ロックリング2個

何かと役に立つ工具の1つです。


安くても十分役に立ちます。
安物は硬度が低いように感じますのであまり思い切りたたくと変形が・・・


| 草刈機 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://seibi.nouki.info/trackback/145